製品情報

  • トップページ
  • 会社概要
  • 沿革
  • 海外展開
  • 海外拠点詳細
  • 製品情報
  • 国内製造製品
  • 海外製造製品
  • ロストワックス製品
  • 採用情報
  • 先輩社員の声
  • お問い合せ

国内製造部品

最先端技術を惜しげもなく凝縮した、国内製造部品

自動車や給湯器をはじめとした、生活に密着したものにも、近藤製作所の製品が使われています。自動車のエアコンのコンプレッサーバルブ、圧力センサー(外国車にも多く搭載)、ガス管を接続する継ぎ手…共通するのは「ミクロン単位の精度が求められる」ということ。億単位の資金を投入して実現した生産ラインと、熟練の技術を身に付けたスタッフ。2つの大きな力で、どんな業界からの依頼にも、素早く、確実に応えていきます。

海外製造部品

国内と同等の精度を誇る、海外製造部品

国内、そして海外の企業からの要望に、可能な限り応えたい。この想いを、国内工場に勝るとも劣らない品質、海外だからこそ実現できるコスト、スムーズな納品体制を追い求めることで形にしました。ガス配管部品については、OEM生産でグループ会社にて販売。自動車、電子・通信、ガス、医療…様々な業界の製品に、近藤製作所の海外拠点で生産される製品が使われています。しかも、各種コネクタ・アダプタやケーブルアセンブリなどは、自社ブランドとしてラインナップ。もちろん、現地現物納入にも対応済みです。海外企業・海外拠点からの依頼に対しても、迅速に、適正な価格で、精度の高い製品を提供させていただきます。

ステンレスロストワックス製品

コストの適正化、生産スピードの強化を追求したロストワックス製品。

ロストワックス製法とは、数種類の部品の一体化、軽量化を実現するために効果的な精密鋳造技術。比較的低温で溶けるワックス(ロウ)の性質を利用するので、複雑な形状でも難なく製造できます。加工方法の制限にとらわれず、設計の自由度が広がるのも嬉しいところ。また、複雑な形状の部品を短時間で効率よく生産できるのも魅力のひとつ。組み立て工程を設ける必要がなくなるので、生産コストと時間のさらなる適正化を実現できます。さらには、品質の高い製品を安定して生産し続けられる能力も大きなメリット。品質管理にかかるコストやパワーもカットできます。
ベトナムで生まれ、日本で育ったロストワックス製法は、間違いなく、様々な業界のモノづくりを一歩先のステージに進めてくれます。現在、ロストワックス製法を導入しているのは、KONDO VIETNAM CO.,LTD。近藤製作所の独立資本により設立された企業なのでご安心ください。品質・時間・コストをはじめ、様々なご要望に対して、満足いく結果をご用意させていただきます。